名古屋で相続・成年後見などに関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

相続Q&A

相続財産調査

相続財産【そうぞくざいさん】:

遺言がなければ,相続財産は,原則として,お亡くなりになられた方の財産一切(借金も含む)です。

相続財産は,原則としては,お亡くなりになられた方のプラスの財産(預貯金・不動産・株式など)と,マイナスの財産(借金など)一切です。もっとも,例外的に,保証人の地位や,資格などの一身専属的なものは受け継がれません。

Q.相続財産がわかりません。相続財産は調べられますか?

 調べることができます。

 相続人の皆様が,法務局や各銀行・証券会社等に行って,証明書等を発行してもらうことによって,調べることもできます。
 しかし,実際には,相続人の方が知らない財産等もたくさんあり,これらの調査には専門的な知識や経験が必要になります。そんなときには,弁護士や司法書士が,相続財産調査ができますので,専門家に依頼することをお勧めします。

Q.不動産や動産はどのように調べるのですか?

 不動産の有無は,まずは遺産であることが明らかな不動産について,登記簿謄本を取得します。

 登記簿謄本をチェックすると,意外と情報が出てくることがあります。例えば,借金をするときに,他の不動産と共同で抵当をつけていることもあります。その結果,他の不動産の存在が明らかになることもあります。

 また,隣接地なども実際に確認し,公図も確認する必要があります。「登記をとってみると,実は故人の名義だった」ということもあるかもしれません。

 一番わかりやすいのは,固定資産課税台帳です。所有する不動産が一覧表となって明らかとなります。

 宝石,貨幣などの動産はもしかしたら,故人名義の貸金庫があるかもしれません。故人がよく利用していた銀行に問い合わせることになります。

 ゴルフ会員権も相続財産になる場合があります。ゴルフが好きな人なら,ゴルフバックの名札,よく利用していたゴルフ場に問い合わせをしてください。故人と仲が良かった人に,会員権の有無を電話で聞いてみてもいいかもしれません。

Q.預貯金はどのように調べるのですか?

 故人の預金通帳などを確認し,残高や取引明細表を金融機関から入手します。どこにあるのかもまったく分からない場合は,故人の生活圏内の銀行に,問い合わせます。

Q.株式や投資商品があるかもしれません。

 預貯金と同じように,各証券会社に問い合わせます。インターネットの「お気に入り」にネット証券が入っていることもあります。預貯金の取引明細を見ていると,カタカナで証券会社の名前が書いてあるかもしれません。それがヒントになることもあります。

 中小規模の会社を経営していた方など,上場していない会社の株式,すなわち非上場株式を有している可能性もあります。非上場株式を有していた場合は,大きくもめることもあります。亡くなった時点での会社の資産が分かるよう,税理士さんに会計資料をコピーさせて貰う必要があります。

Q.生命保険は相続財産になりますか?

 生命保険は相続財産にはならないのが通常ですが,例外的に遺産分割協議の対象になることもあります。いずれにしろ,実質的には議論の対象となりうるため,調査はすべきです。

 相続財産と生命保険に関して、相続ブログでご説明させていただいております。

 ご参考にしてください。

Q.相続財産の評価のタイミングはいつですか?
  1. 資産の評価は遺産分割時の価額で決めるのが原則とされています。

  2. 不動産を評価する場合,固定資産評価額,地価公示価格,相続税評価額など,いくつもの基準が存在します。どのような基準で算出するのかは,当事者の合意により決めることができますので,まずは,不動産の価格をどのように算出するのかについて,合意を目指すことになります。
    当事者間で合意できない場合,調停手続などで不動産鑑定士による鑑定が実施されます。鑑定費用についてはあらかじめ,法定相続分に応じて裁判所に予納する必要があります。

  3. 忘れてはいけないのは,土地賃借権や土地使用権の評価です。土地賃借権にも価値がありますので,事案によっては丁寧に算出する必要があります。

  4. 非上場の会社株式を保有していた場合,資産価値で紛糾することもあります。会社株式の資産価値の算出方法も様々です。やはり不動産と同様当事者間の合意を目指すことになりますが,合意できない場合,公認会計士による鑑定を実施することになります。

  5. 預貯金や上場している株式の場合,遺産分割時の直近の残高証明により確定させることができます。実務上頻出するのが,「被相続人が死亡する前にお金を引き出していた」という事案ですが,これはまた別途,返還請求をしていくことになります。

    相続財産をどのように評価するかは,弁護士によっても様々であり,交渉により変動するところでもあります。

相続法律相談