名古屋で相続・成年後見などに関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

解決事例

音信不通の兄弟と遺産分割を行った事例

ご相談内容

 Aさんのお父様が亡くなり,遺産としてまとまった預貯金があることが分かりました。

 Aさんには兄弟が一人おり,金融機関は,その兄弟が書面を取り交わした後で預金の解約等に応じるといいます。

 しかし,その兄弟は長年にわたり音信不通であり,Aさんは兄弟と連絡を取る術がない状況でした。

解決事例

 受任後,兄弟の所在調査を行いました。

 兄弟は住所を転々としていましたが,現住所を特定することができました。
 次に,兄弟に宛てて,Aさんが置かれている状況を説明するとともに,預金の解約手続に協力してほしい旨の文書を送付しました。
 そうしたところ,兄弟から連絡があったため,書面の取り交わしを行い,Aさんはスムーズに自分の相続分に応じた預金を取得することができました。

ポイント

 遺産分割は,共同相続人間で協議を行うところからスタートしますが,他の共同相続人の所在が分からないケースもままあります。

 弁護士に認められた調査方法によって,他の共同相続人の所在が判明し,協議ができるケースもありますので,このような場合にはご相談下さい。

 また,今回のケースと異なり,弁護士にご依頼いただいても,他の共同相続人の所在が判明しなかったり,判明したが,協議ができないようなケースもあり得ますが,その場合にも遺産分割を行うために取り得る方法はあります。

 多くの事案を解決してきた強みを活かし,状況に応じたご提案をさせていただきます。

相続法律相談