名古屋で相続・成年後見などに関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

解決事例

元成年後見人から,遠縁の親戚が死亡したとの通知が来て,相続放棄を選択した事例

ご相談内容

 遠縁の親戚の成年後見人であった司法書士から,本人が死亡したので相続手続をして欲しい,との通知が来ました。

 本人には売却困難な不動産があり,成年後見人も処分できなかったようです。手紙は私と弟に届いていますが,どのように対応したらよいでしょうか。

解決事例

 相談の段階であまり日にちがなかったため,まずは相続放棄の伸長の手続を行い,時間の猶予を得ました。

 その後,弁護士と相談者とで,成年後見人であった司法書士と面談をして,資料を受け取り,概要を伺いました。

 売却できなかったという不動産については,弁護士の知人の不動産業者にもその真偽を確認いたしました。

 相談者は結局,資料を収集した後に,相続放棄を選択しました。

ポイント

 突然遠縁の親族が死亡し,相続人になったとの通知が,弁護士や司法書士から届くことがあります。

 相続放棄をすべきなのか否か,その場で即決することなく,しっかりと調査をしましょう。

 時間がなければ,相続放棄までの期限を延ばすこともできます。メリット,デメリットを精査し,納得のうえ,手続を確定させましょう。

相続法律相談