名古屋で相続・成年後見などに関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

解決事例

相続人に行方不明者がいる遺産分割事例

ご相談内容

 夫が亡くなり,相続人は私と2人の息子だけですが,息子の1人は長年私達夫婦と疎遠で,今どこにいるか分かりません。

 夫は遺言書もなく亡くなりましたが,息子の協力がなければ,夫名義の不動産の名義変更や,預金の払い戻しが出来ないと言われました。どのように動いたら良いでしょうか。

解決事例

 まずは息子さんの戸籍謄本や住民票を取得し,現在の居所を調査しました。

 しかし,息子さんの最後の住民票の住所地にはすでに住んでおらず,その後転居したようですが,転居先に住民票を移転していなかったため,公的な書類で居所を突き止めることが出来ませんでした。

 そのため,家庭裁判所に不在者財産管理人の選任申立を行い,管理人を裁判所に選任してもらった上で,同管理人に遺産分割協議に参加してもらい,無事不動産の名義変更等の諸手続を完了することが出来ました。

ポイント

 相続人の中に疎遠な人や音信不通の人がいる事例はよくあります。

 遺言書があれば,遺産の名義変更等の手続きを進めることが可能ですが,遺言書がない場合,法定相続分に従って遺産分割を行うことになるため,疎遠な人や音信不通の人の手続きへの協力が必要となります。

 公的書類で居所を確認できれば,お手紙を送り,あるいは,調停の申立をするなどの手続で解決を図ることが出来ますが,行方不明の場合のように,生死不明の場合には,失踪宣告の期間経過前の状態では,不在者財産管理人の選任申立が必要となります。相続人の調査から,不在者財産管理人選任の申立,その後の遺産分割協議について,一連の手続を弁護士に委任することで,スムーズに解決を図ることが出来ますので,相続人に連絡がつかずに悩まれている方は,一度弁護士に相談しては如何でしょうか。

相続法律相談