名古屋で相続・成年後見などに関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

解決事例

遺言書検認

ご相談内容

 夫が,自筆証書遺言を作成していたところ,相続人が複数であることも含めて,遺言書検認の手続きについて,相談したいということで,相談にいらっしゃいました。

解決事例

 相続人が,10人以上になり,当該相続人の調査を先行して行いました。
 そして,相続人が把握できたところで,遺言書検認の申立てをして,無事,遺言書の検認を終えました。

ポイント

 遺言書の検認をするためには,相続人が誰になるのかを把握する必要があります。
 相続人が多数になる場合には,当該相続人の把握が,ご自身では困難な場合が出てきてしまいます。

 本件も,相続人が10人以上になる場合であり,ご自身で相続人を把握するのが困難な場合であったので,弁護士に依頼して,相続人を把握するところからはじめて,無事,遺言書の検認をすることができました。

相続法律相談