名古屋で相続・成年後見などに関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

解決事例

遺言をつくっていたのに、親族が自宅に押しかけてきた事例

ご相談内容

 夫が亡くなる前に、財産全てを妻である私に相続される遺言を作成しておりましたが、夫が亡くなってから夫の親族が自分の相続分を求めて自宅に押しかけるようになりました。
 相続したといっても二人の自宅だけですし、年金暮らしでお金もありません。どうすればいいのでしょうか。

解決事例

 そもそも遺言がありますので、遺産分割協議を行う必要がないことを、相手方に弁護士から説明をしました。
 その結果、自宅に押しかけることはなくなりました。
 その後、相手方も弁護士が就任し、遺留分減殺請求を行ってきましたが、双方代理人が就いている状況で、円満で解決をしました。

ポイント

 本件では、なによりも既に遺言を作成していたことがポイントです。
 遺言があったおかけで、親族との話し合いをすることなく、夫婦で生活していた不動産を自分名義とすることができました。
 遺言をつくったことで生じる遺留分の問題については、双方に代理人が就任したこともあって、金額面での調整で円満に解決しました。
 最初は親族が自宅に押しかける等、不穏当な状態でしたが、遺言が存在して弁護士が入ることで円満に解決することができたものになります。

相続法律相談