名古屋で相続・成年後見などに関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

解決事例

遺産分割協議に応じてくれなかった事案5

ご相談内容

 両親が亡くなったことから,兄妹で遺産分割協議を行ったが,兄が遺産を渡すつもりがないのかなかなか話し合いに応じてくれない。

解決事例

 まずは,相続財産の内容を把握するために,通帳の取引履歴の開示請求を行いました。 

 また,父については遺言が残されており,すべての財産を兄に譲るとあったことから遺留分減殺請求を行いました。
 相手方がなかなか話し合いに応じてくれなかったため,調停を提起して事案の進展を図りました。

ポイント

 相続財産が不明な場合,通帳の取引履歴などの開示請求を行うことにより,財産の所在を明らかにすることができます。

 相続人1人のみでも請求できますが,銀行がこれに応じてくれないことがあります。そのため,専門家を通じて強く主張することも手です。
 また,相手方が話に応じてくれない場合,調停を行うことにより急速に事案が進展することがあります。

 本件では,調停を行ったことにより,相手方に弁護士がつき,法的な議論をすることができるようになったため,早期に解決をすることができました。

相続法律相談