名古屋で相続・成年後見などに関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

解決事例

遺産の処理

ご相談内容

 相談者の父親が亡くなりましたが,遠く離れており交流もないし,遺産があるかも不明とのこと。

 聞いた話だと,自宅建物や自動車等があるようだが,どのように処分したら良いか分からない。

 他にも相続人はいるが,皆関わりたくないようである。

解決事例

 まず、遺産を把握するため、登記、車検証、預金口座等を調査しました。 

 そのためには現地を確認する必要もあったため、業者等を利用しながら現地調査も行いました。
 並行して、遺産分割や遺産の処分に興味の無い相続人との間では、相談者が遺産を取得するという内容の遺産分割協議書を作成しました。
 結局、不動産や自動車を売却し、預金を下ろしたりすることで、遺産を全て処分することができました。
 処分費用で赤字になることも懸念されましたが、できるだけ費用を抑えるよう努力した結果、赤字になることは免れました。

ポイント

 被相続人が遠方の場合,被相続人の自宅に行くのも困難ですし,不動産や自動車の処分にも困ります。
 弁護士にご相談頂ければ,現地調査も行いますし,不動産や自動車の処分もスムーズに行うことができます。

相続法律相談