重要なお知らせ

新型インフルエンザ特別措置法に基づく緊急事態宣言が一部解除されたことを踏まえ、愛知県・岐阜県・三重県・静岡県の事務所では初回面談法律相談の受付を再開いたしました。引き続き感染予防対策を実施して参ります。詳しくはこちらを覧ください。
【当事務所の感染防止対策はこちらをご覧ください】

名古屋で相続・成年後見などに関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

解決事例

連絡の取れない相続人がいる場合の事例

ご相談内容

 相続人の中に,疎遠になっていて,連絡の取れない方がいるので,相続財産の不動産の相続登記ができずに困っているということで,ご相談にいらっしゃいました。
 不動産の価値がそこまで高いというわけではなかったので,疎遠になっている相続人と連絡を取って,相続分の譲渡に応じてもらえるかがポイントとなりました。

解決事例

 疎遠になっている相続人に対して,相続分の譲渡に応じてもらうように,書面を送り,やり取りをする中で,ご理解いただき,相続分の譲渡に応じてもらうことができました。

ポイント

 相続分の譲渡に応じてもらえると,その方以外で,遺産分割協議を行えばよくなります。

 本件も。疎遠になっていた相続人に,相続分の譲渡に応じてもらい,後は,争いのない,残りの相続人で,遺産分割協議をしました。
 弁護士において遺産分割協議までの対応を行い,続いて,弊所の司法書士に,登記の対応をお願いして,ワンストップで対応することができました。

相続法律相談