名古屋で相続・成年後見などに関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

解決事例

相続人同士で枝葉の部分に話が集中してしまい,遺産分割に向けての話し合いが一向に進まなかった事例

ご相談内容

  旦那が亡くなり,遺産分割協議をしなければならないのですが,義理の母との話し合いが堂々巡りしてしまいます。

 今後どのように話し合いを進めていけば良いですか。

解決事例

 弁護士が代理人として相手方(依頼者の義理の母)との話し合いを行いました。

 まず,被相続人の財産につき,全て明らかにするよう,相手方に求め,財産を明らかにしていただきました。その後,不動産の価値について,弊所で調査をし,財産を確定させました。

 そして,依頼者から遺産分割に関する希望を改めて聞き取り,話し合いの方針を確定させました。

 そして,法的観点から整理をして,相手方に丁寧に遺産分割協議案を提案したところ,相手方の納得を得て,遺産分割協議書の締結に至りました。

ポイント

 相続財産の中に不動産があると,民法上の原則では,当該不動産については相続人間で共有という形です。

 しかし,不動産につき,共有状態が続いてしまうと,当該不動産を管理処分したい相続人にとっては,必ずしも自由にできないため,不都合が生じてしまいます。

 そこで遺産分割協議書の中において,不動産の所有名義人を一部の者にすることが考えられます。その場合,不動産の価値を適切に評価しなけれななりませんが,不動産の価値の評価方法は様々なものがあります。

 どの方法で不動産を評価するのかということについても,弊所までご相談いただければと存じます。

相続法律相談