名古屋で相続・成年後見などに関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

解決事例

相続により共有状態となった不動産を売却した例

ご相談内容
Aさんは,被相続人が有する不動産について,遺産分割協議をしましたが,まったくまとまりませんでした。空き屋でしたので売却をするしかないと思っていたのですが,相続人間で話をすることもできず,喧嘩になりますので,弁護士事務所に対応方法を相談しました。
解決事例
当初,代償金を支払うことで一方の名義にすることを提案しましたが,当該代償金の金額で争いがあり,合意できませんでした。そこで,信頼できる不動産業者に依頼し,遺産分割未了のまま不動産を売却し,手数料等の実費を差し引いた残額を,相続分に応じて取得するという,中間合意をいたしました。名古屋市中心部の土地であり,近隣企業に高額な値段で買い取っていただくことができました。不動産業者とも密に連絡を取り,適切な配分を行い,相続税申告や譲渡所得税申告をして,全員にとって良い解決ができました。
ポイント
不動産売却には,司法書士による登記の知識のほか,譲渡所得税をはじめとする税の知識,そして不動産業者との強いパイプが必要となります。不動産売却が絡む案件は,税理や司法書士が在籍する弁護士事務所を選んだ方がよいでしょう。
相続法律相談