名古屋で相続・成年後見などに関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

解決事例

期間経過後の相続放棄が認められた事例

ご相談内容
被相続人とは、何十年にわたって全く没交渉だったが、この度、役所から、被相続人の固定資産税の滞納があり、相談者がそれを相続しているとして、滞納税金の督促が来ました。私がこんな税金を払う必要はないと思うので、相続放棄できないでしょうか。なお、被相続人が亡くなったのは、1年以上前とのことでした。
解決事例
伺った話からは、3か月の熟慮期間は過ぎていましたが、長期間にわたって全く没交渉であり、相続の事実を知らなかったことから、相続放棄は可能と考えました。そこで、その旨の申述書と上申書を作成して、相続放棄の受理申立をしました。裁判所からは、いくつか質問の電話はかかってきましたが、無事、相続放棄を受理してもらえました。
ポイント
相続放棄は、被相続人死亡から3か月以内、と良く聞くと思いますが、実は正確ではありません。相続をした事実を知らなければ、知った時点から3か月間は相続放棄は受理してもらえる可能性もありますので、あきらめずに、ぜひご相談を頂ければと思います。
相続法律相談