名古屋で相続・成年後見などに関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

解決事例

数次相続が発生し、多数の相続人にて遺産分割を行った事例

ご相談内容
兄が亡くなりました。兄は、兄の妻が亡くなったため、その相続人である兄と、亡妻の兄弟達で遺産分割協議を行っていました。亡妻の兄弟の内の1人が、遺産分割協議を拒否していたため、協議が進んでいませんでした。亡妻の遺産分割協議が未成立のまま、兄が亡くなってしまいました。兄の相続を含め、兄の亡妻の相続をどのようにしたらよいでしょうか。なお、兄の相続人は、兄夫婦には子がいなかったため、私たち兄弟姉妹、亡くなった兄弟姉妹の子(甥・姪)であり、10人程度となります。
解決事例
兄の相続人らの関係性が円満であったため、まずは、兄の遺産分割協議をその相続人らで行っていただきました。その内容として、兄が相続する亡妻の相続分を含め、代表者に兄の全財産を相続していただき、他の相続人には代償金を払うという内容にしていただきました。その後、亡妻の相続に関し、その代表者に、兄の兄弟に対する遺産分割調停を行っていただき、調停で、兄の亡妻の遺産分割も終了させることができました。
ポイント
数次相続(被相続人の遺産相続が開始したあと、「遺産分割協議」や「相続登記」を行わないうちに相続人の1人が死亡してしまい、次の遺産相続が開始されてしまうこと)の事例ですが、数次相続となる場合には、関係者も増え、手続も複雑化することがあります。適切な手続きを踏めば、解決に至る場合も多いですので、そのような場合には、弁護士等へのご相談をお勧めします。
相続法律相談