重要なお知らせ

新型インフルエンザ特別措置法に基づく緊急事態宣言が一部解除されたことを踏まえ、愛知県・岐阜県・三重県・静岡県の事務所では初回面談法律相談の受付を再開いたしました。引き続き感染予防対策を実施して参ります。詳しくはこちらを覧ください。
【当事務所の感染防止対策はこちらをご覧ください】
電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

※電話受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

解決事例

前妻との子との遺産分割

ご相談内容

 私の配偶者には,前の配偶者との間にできた子供がいました。この度,配偶者がなくなったのですが,前の配偶者との間の子から,遺産分割をしたいとの主張がありました。
 私の配偶者は,生前,相手方に対して「多額の退職金がある」との話をしていたことから,相手方が,私が多額の財産を隠しているとの疑いをかけてきました。

解決事例

 被相続人の財産状況を全て開示し,当方が財産隠しを行ったり,嘘を吐いていたりなどはしていないことを伝えました。

 相手方に財産状況を開示することで,その財産状況を前提にした遺産分割を行うことができました。

ポイント

 当方にやましいことがないのであれば,財産状況を開示して相手方に信じてもらうというのも交渉の一つの方法かと思います。
 特に本件では,相手方は,「前の配偶者との間の子」ということで,もともと感情的な対立が生じやすい関係にあったことから,弁護士が入り,客観的な資料を開示することで,よりご理解いただくことができたのではないかと思います。

相続法律相談