名古屋で相続・成年後見などに関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

解決事例

兄弟が遺産分割に応じなかった事例3

ご相談内容

 遺産分割の話を兄弟としたが、過大な請求をするばかりで全く話し合いにならない。

解決事例

 相手方と連絡を取り、交渉を試みるも、話し合いにならないことが判明したため、すぐに調停手続きに移行。
 相手方から特別受益の主張もあり、調停もまとまる見込みが無かったため、早期に審判に移行してもらい、審判をもらった。

ポイント

 相手方との遺産分割の話がまとまらない場合、裁判所を利用した手続きで決着をつけるしかありません。
 本件は、相手方が過大な請求をして話がまとまらない事案でしたが、早期に調停・審判の手続きを行ったことで、妥当な分割で決着しました。
 相手からは被相続人の土地を無償で利用したことによる特別受益も主張されましたが、当方が被相続人の土地上の自宅で被相続人の世話をしていた等の事情より、相手方の主張を排斥しました。

相続法律相談