名古屋で相続・成年後見などに関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

解決事例

遺産を一銭も渡さないと言われたが,円満に遺産分割で解決できた事例

ご相談内容

 Xさんは,父親が亡くなったため,相続についてご相談にこられました。

 相続人については,既に母親も亡くなっていたため,被相続人である父親の子であるXさんと兄の2人のみで,遺産は,実家の土地建物があるだけでした。
 しかし,遺産相続について,兄は,家を出たXさんには一銭も渡さないと言っているので困っているとのことでした。Xさんとしては,そこまで,兄弟間で争いたいわけではないし,兄が実家に住んでいるので,土地建物は兄が相続しても構わないが,ちゃんと法律どおりに遺産を相続したいと考えています。

解決事例

 当事務所が代理人となって相手方(兄)とやりとりをしたところ,しばらくして相手方(兄)にも弁護士がつきました。

 弁護士同士で不動産価格について検討し,不動産会社に不動産の価格調査をしてもらい,不動産価格のうち,Xさんが受け取るべき金額について相手方(兄)から金銭を受領して解決をすることができました。

ポイント

 遺産を管理している相続人が,遺産を一銭も渡さないと言っている場合,当事者間で話を進めていくことは困難です。

 不動産など一見して価格がわからないものについては,価格の調査を行い,相応の金員を受け取ることが可能です。
 兄弟であるがゆえに話し合いにくいことも,弁護士が入ることでスムーズに話し合いをすすめることができます。

相続法律相談