名古屋で相続・成年後見などに関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

解決事例

依頼者の意向を踏まえて相続放棄をした事例

ご相談内容

 父が死亡した後、父が個人からお金を借りていることが判明した。他にも借金があるかも知れない。
 そこで,相続放棄を考えている。
 ただ,父はお金を借りていた人にお世話になっていたため,返済したいという気持ちもある。

 どうしたらよいか。

解決事例

 まず,相続放棄をしました。
 その上で,相談者の意向をふまえ,父がお金を借りていた個人に連絡をとりました。

 父が死亡した以上借金の返済は求めないという話でしたが,相談者の気持ちから,一定額をお支払いしました。

ポイント

 相続放棄をする前に債務を弁済してしまうと,相続放棄ができなくなることがあります。
 今回はそれを避けるため,まず相続放棄を行い,その後,債権者に連絡を取りました。
 借金がいくら存在するか明らかでない状況において,相続放棄をしつつ,相談者の意向にも配慮した解決となりました。

相続法律相談